専門学校に通って一流のパティシエを目指そう|学校を有効活用

ステーショナリー

就職のサポート

スイーツ

パティシエは、洋菓子店以外にも、ホテルやレストランなどで働くことができます。洋菓子店やパティスリーの場合、お店の規模や形態によって仕事内容は変わってきます。有名店のようなお店の場合は、効率良く洋菓子を作るために、完全分担制になっていることが多いです。生地作り担当、フルーツカット担当などのように、1つの仕事を担当することになります。小規模なお店の場合は、個人の技術力によって作業が任せられます。給料や待遇もお店によって大きく異なるので、就職先を選ぶときは気をつけたほうが良いです。ホテルでは、大量の洋菓子を作る必要があるので、多くのパティシエが働いています。ホテルには、有名シェフやパン職人など、その道のプロが働いているので人脈が広くなるというメリットがあります。仕事量や残業は多くなりがちですが、給料や福利厚生は安定しています。

専門学校に通うことで、就職のサポートをしてもらうことができます。多くの実績があるようなパティシエの専門学校の場合、さまざまなお店から信頼されているので、就職で有利に活用することができます。就職のサポートが手厚い専門学校を選べば、卒業後にパティシエとして活躍しやすくなります。専門学校の中には、22,000件以上の求人数を持っていたり、3人の専門家がフォローしてくれたりなど手厚いサポートを提供しているところもあります。このようなに専門学校に入学することで、ただ勉強するだけではなく、就職にも役立てることができるのです。