専門学校に通って一流のパティシエを目指そう|学校を有効活用

ステーショナリー

基礎知識から学ぶ

女性

パティシエとは、洋菓子を作る職人のことを言います。日本では、あまり馴染みのない職業ですが、フランスではステータスの高い職業として認知されています。パティシエは、新しい洋菓子を生み出す技術も大切なのですが、同じ味を安定して作り続けられる技術が必要になります。洋菓子というのは、通常の料理よりも、材料の分量やタイミングによって味が変わりやすいです。そのため技術を身につけたり経験を積んだりして、同じ味を作り続けられるようにする必要があるのです。お菓子というと、非常に多くの材料を使って作るイメージが強いですが、洋菓子の場合は小麦粉と卵、砂糖とバターの4種類を使って作ることが多いです。4つという少ない材料ですが、使い方によってパイやシュークリームが作れるようになります。

パティシエとしての技術を身につける方法は色々ありますが、専門学校や大学、短大などの学校に通ってお店に就職するというケースが多いです。専門学校に通うことで、洋菓子作りの基礎知識から学ぶことができるので、初心者の方でも安心して入学できます。また、就職サポートが充実している専門学校や実習をメインに行なっている専門学校などさまざまあるので、自分の性格や学びたいことに合った学校が選びやすいです。専門学校の中には、夜間コースを設置しているところもあります。そのため転職を考えている人や日中アルバイトをしている人でも、パティシエを目指すことができます。独学だけでパティシエの知識や技術を身につけるのは難しいですが、専門学校に通うことで、プロに指導してもらい必要な知識と技術を習得できます。