専門学校に通って一流のパティシエを目指そう|学校を有効活用

先生と生徒

学生生活のサポート

お菓子

パティシエの専門学校に通うことで、製菓衛生師を取得することができます。製菓衛生師は国家資格で、菓子作りの技術や知識、食の安全に関する知識があるという証明になる資格です。お菓子作りの現場では、ただお菓子を作れるだけではなく、食の正しい知識を持っているかも重要になります。そのためこの資格を持っていれば、食の知識を持っていることをアピールできるので、菓子作りのお店に就職する際には有利になります。また、食品衛生責任者と同等の資格になるので、独立開業を目標としている方は取得しておいたほうが良いです。専門学校に1年以上通って卒業したら、この資格を取得できます。専門学校に通わない場合でも、菓子製造業に就職して2年以上の実務経験を積めば、受験資格を得ることができます。

パティシエの専門学校に通うために、実家を離れるという場合は、学生寮がある専門学校を選ぶと良いでしょう。学生寮は、通常の賃貸物件よりも家賃が低めに設定されていますし、防犯体制も充実しています。また、同じ年代の仲間が住んでいるので、友達を増やすきっかけにもなります。パティシエの専門学校は、学生生活をサポートするために、アルバイトを紹介してくれるところもあります。アルバイトの求人数は非常にたくさんあり、特に知らない土地で働くという場合は、とても不安に思うものです。専門学校が紹介してくれるアルバイトは、どれも良質な求人ばかりなので、安心して応募することができます。パティシエの専門学校は、このようにサポートも充実しているのもポイントです。

基礎知識から学ぶ

女性

お菓子作りが好きな人に向いている仕事が、パティシエです。パティシエを目指すなら、専門学校に通って、知識と技術を身につけると良いでしょう。基礎知識からしっかり学ぶことができます。

» 詳細を読む

学校の選び方

学生

パティシエの知識と技術を効率良く学べる専門学校はとても便利です。専門学校によってカリキュラムや費用は異なるので、自分に合った専門学校を選ぶことが大切です。特に大手の場合、材料費が高くつくことが多いです。

» 詳細を読む

就職のサポート

スイーツ

パティシエの技術は、洋菓子店だけではなく、さまざまな場所で活かすことができます。就職先によって、仕事内容や給料、待遇は変わってくるので違いを知っておいたほうが良いです。

» 詳細を読む